すこやかはーと通信3 市民歌舞伎!

2013/04/15 すこやかはーと通信 by matsushima

IMG_6836

今日私は、地元久留米市で昭和45年から毎年1回、秋に行われております、

「久留米ちくご大歌舞伎」公演開催準備のため、実行委員会で

今年の演目の打ち合わせをしました。

平成23年より、実行委員長を仰せつかっております。

早いもので平成12年より毎年出演し、今年で14年目、13回目の出演を迎えます。

零細企業の経営者で時間がないと云いながら何をしてるの?と、思われるかも知れませんが、

最初は、お付き合いのつもりで、やっていましたが、諸事情から辞められなくなってしまい、

とうとう実行委員長まですることになりました。

出演するだけでも大変です。セリフ覚えから、

所作など約3か月の練習で舞台に立たなければなりません。

セリフは車を運転しながら覚えます。所作は出演者が集まって練習をします。

舞台の大道具、小道具、囃子方、衣装、かつらなど全て本物を使います。

勿論、化粧も本格的に顔を塗りたくります。誰が誰だかわからなくなります。

監修、指導は歌舞伎俳優の坂東三津五郎先生にお願いしております。

毎年、1回は久留米に来られ、直接ご指導を頂いております。

ご興味がおありの方は、「久留米ちくご大歌舞伎」のホームページをご覧下さい。

出演者は、各界、各層の方々にお願い致しております。

本公演は、「国民文化祭協賛事業」「ふくおか県民文化祭協賛事業」

そして久留米市の協賛事業として行われています。

毎年、3000名程のご来場を頂き、大盛況で好評を頂いております。

小学生、中学生、高校生もいくつかの演目に出演しております。

いつもながら子供達のセリフ覚えが早いのには、驚かされます。

今年は「紅葉狩」「時今也桔梗旗揚」本能寺馬盥の場「白波五人男」などの

演目で公演する予定です。どうぞ、ご期待下さい。

大変だけど、学ぶことが多い!というのが私の感想です。

継続は力、50回公演に向けて、また更に精進しなければならないと強く決意しております。

今日は、私の実態の一端をご紹介しました。

「人生は歌舞伎だ!!」      感謝 松島 健夫


タグ: 

コメント

  1. […] こんなユニークなブログを書かれていました。 すこやかハート通信 […]

コメントを行う


シーフコイダンDX正規取扱店|すこやかハート